任意売却と競売

任意売却とは住宅ローンの支払いができなくなった、または既に延滞している場合、競売を避けるために債権者の合意を得て、住宅を売却することを言います。競売よりも高い金額で売れることが多いため売主は有利な方法です。また、税金(固定資産税・住民税等)や分譲マンションであれば管理費や修繕積立金の滞納分についても、債権者と話し合いを行い解決致します。

任意売却の流れ
1.まずは弊社へご相談
ご希望を優先し、対応できるよう調査いたします。
2.専任媒介契約の締結
相談者様の代理人として、各種調査・交渉を行うための「専任媒介契約」を交わします。
3.債権者と交渉
金融機関などの債権者と交渉いたします。
4.物件の販売活動
当社のホームページ、雑誌への掲載、新聞の折込広告などで 購入希望者を募集します。
5.競売取下げ
競売にかかっている場合は、取下げを行います。
 
競売の流れ
1.債権者が競売の申し立てを行う。
2.裁判所より「計媒介し決定通知」が届く。
3.裁判所の執行官による現況調査。
4.裁判所での情報公開。
5.期間入札の開始。
6.競売による開札。
7.売却・物件の引渡し。
 

秘密厳守!
お客様の個人情報などは、法律や守秘義務に基づいて固く厳守致します。